「コギャル」の登場
ギャルは常に流行に敏感で、ファッションの最先端を象徴する存在です。1990年中頃に、歌手の安室奈美恵が大ブレイクしました。女子高生を中心とした若い女性がこぞって彼女のファッションを追いかけ『アムラー』と呼ばれました。このころからミニスカやルーズソックスなどの女子高生を指し『コギャル』という言葉が使われ始めました。渋谷109ではカリスマと呼ばれるショップ店員が中心となり、流行を牽引していく事になります。

「ヤマンバ」や「ギャル男」
1990年代後半になると、コギャルをさらに奇抜にした「ヤマンバ」と呼ばれるギャルスタイルが流行します。ガングロと呼ばれる日焼けに白いアイラインやメッシュの髪など、特徴的なギャルのファッションは世界的に有名になりました。それに続き、ヤマンバの強化版のような「マンバ」、ヤマンバの男性版「ギャル男」も注目を集める事になります。

「白ギャル」の登場
2000年代の中盤になると、それまでとは打って変わり、「白ギャル」が流行します。雑誌モデルがブームになり、モデルが着ている服やグッズが流行の最先端になります。「エビちゃん」や「益若つばさ」を中心とした有名モデルのブームはギャルのファッションに大きな影響を与えました。

109メンズファッション通販|109MEN’S NET SHOP
SHIBUYA109公式通販情報サイト|109 WATCH